マンションのゴミ出しのルール違反との対決

未分類

先日友人から連絡がありました。「私が捨てたゴミじゃないので私のせいにされた!」と。話を聞くと、マンションのゴミ捨て場にその日に捨ててはいけないいけない物が捨ててあり、管理組合より回収して欲しいと手紙がポストに入っていたとの事。もちろんその友人は捨てていなく、その手紙にはゴミ捨て場の防犯カメラを印刷した物も一緒に添付されていたらしい。犯人らしい人が映っているらしく、画像を送ってもらったのですが、確かに友人ではないのです。
そして数日後そのゴミは友人の部屋の前に置かれていたとの事。

さて、ここからどうすするかです。その画像は犯人を後ろから取った映像、ゴミ捨て場に行く直前の姿です。
ここで疑問なのは後ろ姿なのにどうして友人を犯人と断定したのだろうか(しかも帽子を被っているので直接管理人が見たとしても分かりにくいはず)。
そして、犯人はゴミ捨てだけなのかも知れないし、その後そのまま出かけたのかもしれませんが、帰って来た時の画像がない。帰って来た画像があれば正面からカメラに映るはずなので、本人かどうか判別しやすい。
また、そのゴミが捨てられる前のエレベーターの画像はどうなのか。その人が友人と違う階でエレベーターに乗っていれば友人への疑いはかなり少なくなるはず。
友人は引っ越したばかりだから疑われているのかもという事でしたが、はっきりした証拠も示さず犯人扱いをし、しまいには他人のゴミを部屋の前に置かれるという状態。

友人は内気でこのような事があった場合泣き寝入りをするタイプなのですが、引っ越したばかりでさすがに怒っている。でもどうしたら良いものか分からないとの事なのでこれまでの経緯を書面にするよう指示し、それとは別に上記の疑問点を箇条書きにした文書を作成するよう指示をしました。
もちろん穏便に済ませたいのですが、同じマンションの中にゴミ出しのルールを守らない人が居ればまた同じように疑われる可能性があります。

ここは毅然とした態度で、証拠をしっかり出さない相手に理論で問い詰めないといけないと考え計画を練っています。
管理会社には連絡したそうなので、これからどうなるか。相手が何を言って来るか想定して色々考えなければなりませんね。